胃カメラ|市川市のさとうメディカルクリニック

胃カメラ

胃カメラについて

従来の口からの内視鏡(経口内視鏡)と、鼻から挿入する内視鏡(経鼻内視鏡)のどちらもお選び頂けます。口からの内視鏡は検査時間が短く、画質も経鼻内視鏡に比べて良い特徴があります。咽頭反射の少ない方には経口内視鏡をおすすめします。

経鼻内視鏡は経口内視鏡に比べて検査時間が若干長くなりますが、咽頭反射はほとんどありません。最新の経鼻内視鏡では画質も大きく改善され、スクリーニング検査であれば問題なくなってきました。
年に1回胃カメラ検査を受けることで、胃がんの早期発見の可能性が飛躍的に高まります。特にピロリ菌感染、慢性胃炎のある方は胃カメラによる精密検査が必要です。

診療の流れ

1. 検査前日
  • 前日の夕食は午後9時までに済ませるようにしてください。
  • できるだけアルコールは控えてください。
2. 検査当日
  • 朝食は取らないでください。
  • 喉が渇いた時は、水、白湯は飲んでも構いません。
  • 血圧のお薬は起床時に服用してください(検査時、血圧が高いと検査が出来ないことがあります)。
  • 検査時間は5〜10分くらいです。
3. 検査後
  • のどの麻酔がとれるまで、検査終了後1時間程度は飲食を控えてください。
  • 胃カメラ施行時に空気を胃に入れて膨らませますので、検査後は少しおなかが張る感じがする事がありますが、次第に楽になりますので心配いりません。

当院では、検査内容と検査方法の長所・短所をご理解いただいた上で検査を行っております。
検査方法でご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

  • スタッフ募集
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち