大腸カメラ|市川市のさとうメディカルクリニック

大腸カメラ

大腸カメラについて

大腸カメラは、肛門から内視鏡を挿入して全大腸を調べる検査です。大腸におきる殆ど全ての病気の診断が可能です。ポリープや大腸がんだけでなく、慢性的な炎症をおこす病気(潰瘍性大腸炎、クローン病)や痔の診断にも有効です。

近年、日本では大腸がんは増加傾向にあり、女性では死亡者数が1位(男性3位)となりました。では、大腸がんが治りにくい病気なのかというと、そうではありません。大腸がんは、早期発見し治療を行えば、ほぼ100%治すことができますが、早期の段階では症状を自覚することがなく、便潜血検査でも陰性となってしまう事が多いのです。

当院では細径スコープを用いて、苦痛のない検査を行っております。検査時間は約15分程度ですみますので、不安に考えずに積極的にお受けになって下さい。大腸がんの早期発見には、定期的な大腸カメラが必須です。

診療の流れ

検査の前に、診察が必要です。

  • 現在服用中の薬がある方は薬名の分かる薬手帳、処方箋をお持ちください。
  • 各種検査結果(人間ドックの結果、職場の健診の結果、血液検査結果など)をお持ちの方は参考にさせて頂きますのでご持参ください。
  • 便秘気味の方には、検査1週間前頃より整腸剤や緩下剤を服用して頂き、お通じのコントロールを行うことがあります。検査前の指示に従ってください。
  • 検査の方法、検査前日の食事やお薬についてご説明致します。疑問な点は、遠慮なくご質問ください。
1. 検査前日
  • 検査前日の食事は、原則として検査食となります。
  • 検査前日には腸を動きやすくする薬と就寝前に下剤を服用します。
2. 検査当日
  • 血圧のお薬は起床時に服用してください(検査時血圧が高いと大腸カメラが出来ないことがあります)。その他のお薬は検査前の指示に従ってください。わからなくなった場合はお電話ください。
  • 検査時間は平均15分程度です。医師と一緒に画像をご覧頂きながら検査を行います。検査の途中でも疑問があれば、ご質問ください。
3. 検査後

すぐにお帰り頂けます。

  • スタッフ募集
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち